忍者ブログ
2010.10.13 / 自分が一番楽しい自宅企画。
[128]  [129]  [130]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
 某さん達に便乗して拙宅の子達の恋愛について妄想してみましたよ!
10人もいて6人おっさんだから色々厳しいけれど。
いやおっさんじゃなくても厳しいのいるけれど。
ていうか彩都が愛ってなんですか状態だから本当にあらゆる意味で妄想だけれど。

とりあえず碌でもないだらだら語りの上長くなる事請け合いなので暇な方推奨。
そして見直してたら限りなく話がずれていっています困った←




 


とりあえず参加順(多分)で行ってみようと思います。
恋愛絡み頂いている方は容赦なくお名前借りております悪しからず←



・グレール
恋愛観という以前に、「特定の人」を「個人的感情で見る」という意味が分からなかった人。
ダメだと思う訳でもないし、恋愛なんて、と馬鹿にしていたわけでもないけれど。
基本的に他人事でしたし、一生理解出来ないだろうとか思ってました。
そこでヴェルナーさんに出会う訳です。
まあその辺りは以前語ったような気がするからさらっと流して。
気付けば自分が個人的な感情で人としてヴェルナーさんが好きだとなる。
すると、ヴェルナーさん側は結構「甘えん坊さん」なんですね。
なんだか可愛いぞこの人は、と。
その癖、今まではなかった「女性扱い」にちょっときゅんとする(笑
グレールにとって、恋愛は新たな発見だらけ。
自分自身のことも、ヴェルナーさんの事も。
だから、彼女の恋愛は冒険に近いものがあるような気がします。
その上で、これからを共に歩んでいきたいと思うこと。
穏やかでゆるやかで、でもとても確実な、奇跡。


・ウィルフリード
今のウィルは、「恋愛というのは慈しんで相手を大切にすることだ」と思ってます。
初恋自体はもしかしたら騎士になる前にあったかもしれません。
でも、多分淡い恋で終わった、恋愛にまでいかなかったもの。
そんなウィルにとっては、まだ憧れの域をでないものです。
だから、いざ誰かを好きだと思うとギャップに苦しみます。
嫉妬とか、束縛したいとか、そういう感情が出て来たときに戸惑うタイプ。
ちなみにウィルは意外と独占欲強いです。
良い意味でも悪い意味でも優しいから、「自分がそんなことしたら、思ったら駄目なのに」と。
その辺の葛藤を越えて、それでも一緒に居たい、自分を選んで欲しいとまでいけると悟りの境地です。
もうなにもこわくない←
笑顔で、いつまででも待っている事が出来る子。


・コハク
ない←
或いは恋愛=他人への執着、という一種の「作用」である、という恋愛観。
自分が他人に縛られることなどあり得ないと思っているし、恐らく本気で縛られる事はありません。
例えば、コハクにとって陰兎騎士団員は何だかんだで大事です。
でも陰兎騎士団よりは大事ではないから、陰兎にとって邪魔だと思ったら殺してしまいます。
それ以上に想う人は、多分現れません。
「人」よりも陰兎に縛られてるというか、陰兎バカというか。
…とても少ないとは思うけれど、仮に気を許して奥底まで入って来る人がいたら、
それは今度は恋愛ではなく当たり前の自分の一部になってしまってまた違うモノになる感じ。
一番「恋愛」に近かったのは、前団長への憧れだったんじゃないかなぁ。


・スエ
恋愛というものを美化するつもりはないけれど、自分には釣り合わないモノ、という認識。
そもそもが、最近までスエには復讐しかありませんでした。
復讐以外考える事を放棄して、色々コハクになすりつけて。
過去も決して綺麗ではないし、増してそんな風にしか生きて来られなかった。
スエにとって、スエはとても汚い。
だから、彼にとって誰かを想う事は、同時に自分は遠くから幸せを祈るということ。
近づいてはいけないし、近づかせてはいけない。
それがスエの恋愛です。
これが、3年経ち、10年経つと多大なる変化を経る訳ですが。
そして10年後には、共に居る空間を分かち合うこと、ですね。


・シャーリ
今シャーリにあるのは本で読んだ「綺麗な恋愛」の知識のみです←
ある種ウィルに近いけど、結構「恋愛」というものに憧れをもっている分面倒くさい(苦笑)
そもそも誰かを好きになった時点で、なんでわたくしがっ!ってなります。
それでも近づきたくて、上手く出来なくて、じれったくなって突撃する感じかなぁ。
積極的っちゃ積極的ですが、大事な所で無自覚無意識なのが更に性質悪いと思う←
ついつい感情的になって突っ走って後から自己嫌悪したりもする。
それを可愛いと思うのか、うざったいと思うのかは相手次第。本当に。
シャーリは恋愛に関しては普通の、普通の女の子です。多分。
ちょっと意地になったりはすると思うけど。


・ハードウィック
正直、ンなことしてる余裕がありません。
ドュースマンの家をなんとか成り立たせていく、そのことにいっぱいいっぱい。
寧ろ、他人は踏んで蹴って功績奪って行く為の踏み台になって貰わないと困る。
誰かを好きになるなんて、そんなことになったら精神的に死ぬ事請け合いです。
近衛の人間ならなおさらです。
利用価値があるか、ないか。
それでしか接する事が出来ないのに、大事になんか出来る筈がない。
本当の、素の部分の自分なんて弱み以外の何物でもないから、見せられる筈がない。
ハーディは実は思考回路的には結構常識人なので、罪悪感と焦燥で潰れるのがオチです。


・ボレロ
そもそも、根っこのところで人を信用してないしあんまり人が好きじゃない←
恋愛感情っていうのは人の目を曇らせるモノ。
上手くすれば利用できるかもしれないけど、とか考えてる気すらします。
ボレロにとって大切な人はいます。
幸せになって欲しい人もいるし、笑っててくれると嬉しい人もいる。
けど、自分は直接的にはそれに「関係がない」。
欲しい人が頑張れば良いんじゃない?って思っているというか。
初期グレールとは違って、分からないじゃなくて突き放した意味での他人事。
もし仮に誰かを好きになったとしたら、そうだな…それでも恋愛に期待はしなさそう。
凄く受動的でだらっとしていそう…なように見せかけて、相手が自分のペースの合わせるように計算して動きそうな気もします、なんだこのおっさん怖い。


・テオドール
そんな余裕がない人その2。
仮に状況が落ち着いているとしたらあるかもしれませんが、今は自分の事で精神的にも体力的にも限界ぎりぎりのラインを駆けずり回っているので。
もしも誰か好きになったら意外と男前かもしれないとは思います。
絶対ぇ守ってやっからな…俺がなんとかしてやるからな!みたいな。
しかし、そこまでいく以前に自分の事を守れていない残念男。
自分から凄く追いかける事はしないけど、手を伸ばされたら絶対放さない。
恋は盲目とは違って、結構冷静だとは思いますが…どうだろうな。
ただ、根がさびしがりなのでツンケンされたり放置されたりすると普通に凹みそう(笑
溺愛されると挙動不審になりそう(更に笑←


・ロラン
まず君、恋愛感情ありますか?…あるとしてもそれはそれで酷い。
ロランは他人の感情にも自分の感情にも限りなく鈍いです。
多分、自分の気持ちに気付かずに終わるんじゃないかなぁ、と。
そして仮に他の人との違いに気付いた所で、どういう感情なのか分からない。
誰かに想って頂いたとしても同じ。
ド直球に告白されたとしても、そうですかありがとうございマス、でおしまいかなぁ…orz
なんて言いますか、こう…典型的な失ってから気付く子、なんじゃないかな、と。
彼は根っこの所でずっと自分を否定しないでいてくれる場所を求めているのに、自分を守るために鈍くなりすぎてそれが手に入ったのか入ってないのかも分からないまま、なような気がします。


・ミュゼット
個人的にダークホース。
恋愛自体には、今のところそんなに興味なさそうです。
普通に皆でわいわいやってる方が楽しいんじゃね?とか思ってる。
ただ、いざ誰かを好きになってしまうと…まず、凄く尽くしそうだな、と思います。
でろっでろに甘やかすのは基本。
それでちょっとでも笑ってくれたら、幸せになってくれたらその10倍幸せになれるような。
ただ、度合いが加減利かないというか、自分でストップをかけないというか。
相手にとってそれが迷惑だと認識したらまた違うかもしれないけれど。
例えば、ミュゼ自身はドMではないのだけれど(笑)、相手がそれを望むなら許容するし。
ミュゼになんとか出来る範囲ならば可能な限り望みは叶えてあげたい。
仮に振り回されていたとしてもそれを承知で全部あげる。
必要とされるなら腕の一本だろうと心臓だろうと差し出したい。
全部全部捧げられたらとても幸せ。
ミュゼの方から何かを欲しがることは多分、ほとんどないんだろうな。
とか、うん、なんか予想外でした(笑



…さて、こんなものを最後まで読んだ人がいるのか分かりませんが(笑)。
見て下さった方有難うございました!

これを見て「げっ」と思った方、すみませんでした。
うちの子らはこんな感じらしいので、無理だと思ったら逃げて下さい。
でもお友達や上司部下なんかとして仲良くして下さるととても嬉しいです(土下座





PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
彩都
性別:
女性
自己紹介:
好き勝手やってる主催。

・Twitterのtdc公式アカ【tdc_project】
企画関連の呟きのポストに御利用下さい。
・Twitterの彩都個人アカ【ayt_skmn】
・Skype彩都個人ID【ayato_sukimono】
彩都と直接連絡を取りたいけれどメールじゃまだるっこしいですという企画参加者様はフォロー・コンタクトして頂ければリフォロ・共有させていただきます。
ブログ内検索

Copyright (c)Troupe de Chevaliers All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]